人類同盟は、今日の世界ではほとんど隠され、認識されていない全く新しい現実に人々が備えるために提示されている。これは、私たち人類がこれまでに遭遇したことのない最大の挑戦と機会に立ち向かう力を人々に与える新しい視点を提供するものです。

アリーズ・ブリーフィングには、地球外生命体の人類への介入と統合が進んでいることや、地球外生命体の活動や隠された意図について、憂慮すべきではないにしても、批判的な記述が数多く含まれています。

アリーズ・ブリーフィングの目的は、地球外生命体が我々の世界を訪れているという現実について、確固たる証拠を提供することではありません。アリーズブリーフィングの目的は、この現象の劇的で広範囲にわたる意味合いを取り上げ、それに関する人間の傾向や仮定に疑問を投げかけ、私たちが今直面している大きな敷居に人類の家族に警告を発することです。

ブリーフィングでは、宇宙に知的生命体が存在するという現実と、「コンタクト」が意味するものを垣間見ることができます。多くの読者にとって、Allies of Humanity Briefingsで明らかにされていることは全く新しいことでしょう。また、以前から感じていたことや知っていたことを確認する読者もいるだろう。

ブリーフィングには緊急のメッセージが込められていますが、それは同時に「知識」と呼ばれる高次の意識への移行を意味しており、それには人々や人種間のテレパシー能力の向上も含まれています。アリーズ・ブリーフィングは、著者であるマーシャル・ヴィアン・サマーズが、自らを “”人類のアリーズ “”と称する多人種の地球外生命体グループから送られてきたものである。

彼らは自分たちのことを、他の世界の物理的な存在であり、地球に近い太陽系に集まり、この世界で人類の問題に干渉している異星人の通信や活動を観察することを目的としていると説明している。彼らは、自分たちは物理的にこの世界に存在しておらず、技術や干渉ではなく、必要な知恵を提供していることを強調している。

アリーズ・ブリーフィング」は、1年間にわたって著者に与えられたものである。何十年にもわたって証拠が積み上げられてきたにもかかわらず、いまだに研究者を困惑させている複雑なテーマに、視点とビジョンを提供している。しかし、この視点は、このテーマに対するアプローチにおいて、ロマンティックでも、推測でも、理想主義でもない。それどころか、このテーマに精通している読者にとっても、かなり難しいと思われるほど、現実的で妥協のない内容となっています。

そのため、本ブリーフィングを受け取るためには、地球外とのコンタクトや、本ブリーフィングをどのように受け取ったかについての信念、仮定、疑問の多くを、少なくとも一時的に中断する必要があります。ブリーフィングの内容は、世界の彼方から送られてきたボトルの中のメッセージのようなものです。ですから、ボトルを気にするのではなく、メッセージそのものを気にする必要があります。

この挑戦的なメッセージを真に理解するためには、コンタクトの可能性と現実に関する多くの一般的な仮定や傾向に直面し、疑問を抱かなければなりません。それは次のようなものだ。

    • を否定します。
      希望的観測。
      自分が信じていることを肯定するために、証拠を誤って解釈すること。
      ビジター」からの救済を望み、期待している。
      ET技術が我々を救ってくれると信じている。
      絶望的な気持ちになり、優れた力を持っていると思われるものに従順になる。
      政府の情報開示を求めるが、ETの情報開示は求めない。
      人類の指導者や組織を非難する一方で、「ビジター」を疑うことなく受け入れていること。
      地球外生命体が我々を攻撃したり侵略したりしていないのだから、我々のために存在しているに違いないと思い込むこと。
      高度な技術は高度な倫理観や精神性を意味すると思い込んでいること。
      実際には理解できる現象であるにもかかわらず、この現象が謎であると信じていること。
      地球外生命体が何らかの形で人類とこの惑星の権利を主張していると信じること。
      そして、人類は救いようがなく、自分たちだけではやっていけないと信じているのです。

  • “人類の味方」のブリーフィングでは、このような思い込みや傾向に疑問を投げかけ、誰が来ているのか、なぜ来ているのかについて、現在私たちが抱いている多くの神話を解き明かします。

    人類の同盟のブリーフィングは、宇宙の知的生命体の大きなパノラマの中での我々の運命について、より大きな視点と深い理解を与えてくれます。これを達成するために、連合国は私たちの分析的な心に語りかけるのではなく、知識に語りかけています。

    人類の同盟は多くの疑問を投げかけ、それをさらに探求し、熟考する必要があります。この本は、名前や日付、場所を提供することが目的ではなく、世界におけるETの存在、そして宇宙における生命について、私たち人類が他の方法では得られない視点を提供することが目的です。

    私たちはまだ世界の表面で孤立して生活しているので、国境を越えた知的生命体について何が起こっているのか、まだ見ることも知ることもできません。そのために、私たちは助けを必要としています。最初はそのような助けを認識したり、受け入れたりすることはできないかもしれません。しかし、それはここにあります。

    人類の同盟の目的は、知的生命体の「大いなる共同体」に加わることのリスクを我々に警告し、人間の自由、主権、自決を維持できるような方法で、この大きな敷居をうまく越えられるように支援することにあります。

    同盟は、この未曾有の時代に、人類が独自の「交戦規則」を確立する必要性を助言してくれています。連合国によれば、人類が賢明であり、準備ができており、団結していれば、大いなる共同体の中で成熟した自由な種族としての運命の場所を得ることができるという。

    同盟側は、この一連のブリーフィングの中で、我々の理解に不可欠と思われる重要な考え方を繰り返し述べている。私たちは、連合国側のコミュニケーションの意図と完全性を維持するために、これらの繰り返しをブリーフィングの中で維持しました。連合国のメッセージの緊急性と、このメッセージに反対する世界の勢力のために、これらの繰り返しには知恵と必要性があります。

    2001年に出版された『人類の同盟』に続いて、盟主は人類への重要なメッセージを完成させるために2冊目のブリーフィングを提供しました。2005年に出版された『人類の盟友』第2巻では、我々のローカル宇宙における種族間の相互作用や、人類の問題に干渉している種族の性質、目的、最も隠された活動について、驚くべき新情報が提示されている。

    2008年、同盟は再び通信を開始し、人類が出現しつつある複雑な環境についてさらに説明した。そして、2012年に第3回目のブリーフィングが発行されました。

    同盟側のメッセージに感銘を受けた読者が、ブリーフィングを他の言語に翻訳してくれたおかげで、介入の現実に対する認識は世界的に広がっている。

    私たちニューメッセージ学会は、この3つのブリーフィングには、現在世界で伝えられている最も重要なメッセージの一つが含まれていると考えています。

    人類の同盟』は、UFO/ET現象についての単なる憶測本ではありません。人類の味方』は、UFO/ET現象についての単なる憶測の本ではなく、異星人の介入の根本的な目的に直接焦点を当てた、真の変革をもたらすメッセージであり、私たちがこの先に待ち受ける課題と機会に立ち向かうために必要な意識を高めるためのものである。”